セントジョーンズワートは薬と同じように扱おう

セントジョーンズワートとは、ヨーロッパやアジア、北アメリカなどに自然に生息する野草です。6月24日の聖ヨハネの日に黄色い花を咲かせることから、セントジョーンズ(聖パウロ)の名前が付きました。

 

古来より薬効をもつことが知られ、鎮静剤や抗炎症剤、消毒剤などとしても利用されてきましたし、ハーブティーとしても飲用されています。

 

セントジョーンズワートが近年とくに注目されるようになったのは、うつ病に対して改善の効果があることがわかったからです。

 

現在ドイツを始めとしたヨーロッパの複数の国では、セントジョーンズワートはうつ病の治療薬として認可され、うつ病の患者に医師がセントジョーンズワートを処方しています。

 

うつ病はこれまで、抗うつ剤を処方することが一般的でした。しかしセントジョーンズワートは、抗うつ剤と同等の効果をもちながら、副作用が抗うつ剤より少ないため、医師により選ばれているのです。

 

 

セントジョーンズワートの保存で気をつけること

セントジョーンズワートを保存する際には、直射日光と湿気を避けることが必要です。湿度の影響をうけるため、開封後は早めに使用しましょう。

 

サプリケースや別のボトルに入れ替える場合には、1〜2日以内に使用するようにしたほうがいいでしょう。また長期間保存して、万が一、色やニオイに変化がある場合には使用しないようにすることも必要です。

 

その他、商品の注意書き、賞味期限をしっかり確認し、指示に従って使用しましょう。