セントジョーンズワートが効く症状とは?

セントジョーンズワートとは、ヨーロッパやアジア、北アメリカなどに自生する野草です。毎年、6月24日の聖ヨハネの日頃に黄色い花を咲かせることから、この名前がつきました。

 

今でも聖ヨハネの日に刈り取ったセントジョーンズワートが、一番効能が高いと言い伝えられています。

 

セントジョーンズワートの薬効は古来より知られ、ヨーロッパやアメリカでは、伝統的に鎮静剤や抗炎症剤、抗毒剤などとして使用されてきました。

 

乾燥させたセントジョーンズワートをそのまま飲んだり、またハーブティーにしたりして服用されています。

 

 

うつ病の薬として認可されたセントジョーンズワート

しかし何といってもセントジョーンズワートが最近大きな話題となっている理由は、近年、セントジョーンズワートがうつ病の治療に使われるようになったからです。

 

ドイツを初めとしたヨーロッパの多くの国で、セントジョーンズワートはうつ病の薬として認可され、医師により実際に処方されています。

 

これまでの抗うつ剤と比べ、効果は変わらないのに副作用が少ないため、医師からも、うつ病治療にセントジョーンズワートが選ばれています。

 

セントジョーンズワートは、脳内物質であるセロトニンの量を増やす働きがあります。それにより、気分の波を一定に保つ効果があることから、うつ病の症状を改善するものと考えられています。

 

その他、セントジョーンズワートは不眠症や精神障害にも効果があることで知られています。最近では、生理痛や胃潰瘍の緩和にもセントジョーンズワートが使用されています。

 

これらの症状で悩んでいるなら、副作用の少ないセントジョーンズワートを試してみるのもよいでしょう。