セントジョーンズワートの効果が出る飲み方

セントジョーンズワートは、黄色花を咲かせる多年草のハーブです。キリスト教の洗礼者ヨハネの誕生日である6月24日の頃に、黄色い花が咲くことから、この名前が付けられました。

 

古来よりセントジョーンズワートは、その薬効によりヨーロッパやアメリカで愛好されており、ネイティブアメリカンは、抗炎症剤や消毒剤としてセントジョーンズワートを使用しています。

 

 

うつ病や不安障害の改善に

セントジョーンズワートは近年、うつ病や不安障害の症状を改善する効果があることが発見され、ドイツなどヨーロッパの複数の国で医薬品として認可され、医師が処方しています。

 

抗うつ剤と同等の効果がありながら、抗うつ剤より副作用が少ないというのが選ばれる理由です。

 

セントジョーンズワートがうつ病や不安障害に効果があるのは、有効成分ヒペリシンとヒペルフォリンの働きです。

 

ヒペリシンとヒペルフォリンは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増やす働きがあります。それにより、セロトニンが、やはり神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンのバランスを調整することを促進し、精神が安定した状態となるのです。

 

セントジョーンズワートを服用するには、水またはぬるま湯といっしょに飲みます。空腹時に飲むことにより、より効果を発揮します。

 

1日に3カプセルを服用しますが、セロトニンの分泌量を一定に保つため、1度に3カプセルを服用してしまうのではなく、1カプセルずつを1日3回、分けて服用するのがおすすめです。