生理前のイライラで悩んでいる人に

月経前にイライラしたり、気分が沈んだり、また顔がむくむ、体重が増えるなどの症状が現れることを「PMS(月経前症候群)」と呼びます。

 

女性にとって月経は毎月のことですから、その度に色々な症状があらわれ、他人から「情緒不安定」だとか、「気まぐれ」だとか思われてしまうのは非常に辛いことだと思います。

 

このPMSの症状は、女性ホルモンの分泌量の変化が引き金になって起こると言われています。

 

 

セントジョーンズワートがホルモンのバランス調整に役立つ

 

月経前になると、女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌が低下します。それにともない、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の分泌量も低下します。

 

このセロトニンは、脳内の神経伝達物質であるドーパミンとノルアドレナリンのバランスを調節する役割があると言われています。

 

ドーパミンは喜びや快楽の感情を、ノルアドレナリンは驚きや恐怖のを感じることにより分泌されますが、セロトニンの分泌量が低下すると、ドーパミンとノルアドレナリンのバランスがとれなくなり、普段よりもイライラしたり、落ち込んだりしてしまうことが多くなります。

 

しかしセントジョーンズワートを飲むことで、大切なセロトニンの分泌量が減ることを抑えることができます。

 

セントジョーンズワートに含まれる有効成分ヒペリシンとヒペルフォリンとが、セロトニンの分泌を促進する働きをしてくれるので、これにより気分が落ちつくと考えられています。

 

さらに最近の研究によって、セントジョーンズワートは生理痛を緩和するためにも役立つとされ、広く使われるようになっています。