海外ではうつ病の治療薬として使用されています

ストレスの多い現代社会では、うつ病の症状で悩んでいる人がたくさんいます。

 

軽いうつなら、ストレスを発散する程度で解消する場合もありますが、重くなってくると病院での治療が必要となり、主に最近の治療では抗うつ剤を病院で処方してもらうことになります。

 

セントジョーンズワート自体は、日本では薬としては扱われていません。しかし、ドイツやイギリス、スイス、ポーランド、ロシア、ルーマニアなどの国では、以前からうつ病の治療薬として認可され、実際に広く利用されています。

 

これらの国においては、セントジョーンズワートは抗うつ剤を服用するのと同等の効果が期待できるとされ、また副作用についても抗うつ剤より少ないと考えられているためです。

 

 

セントジョーンズワートが持つ有効成分について

 

セントジョーンズワートがうつ病に効果があるのは、その主要成分ヒペリシンとヒペルフォリンの作用であると考えられています。

 

脳内では神経の伝達物質として、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどが働いています。

 

ドーパミンは喜びや快楽を、ノルアドレナリンは恐怖や驚きを感じたときに分泌されるようになっていますが、セロトニンは、このドーパミンとノルアドレナリンのバランスをコントロールする働きをしています。

 

うつ病は、セロトニンが神経細胞に再吸収されてしまい、不足することにより起こるといわれています。ヒペリシンとヒペルフォリンは、セロトニンの再吸収を防ぐ働きがあるといわれていますので、それにより、うつ症状を解消する効果があると期待されているのです。